読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫日記

だから猫に文章を描かせるとこうなるんだ

ノーモアヒロシマ

 ほんらい修学旅行で行くべきヒロシマの惨憺たる世界遺産に、5月末初めて足を運んだ。それから間があいてしまったが、簡単なレポートをしようと思う。

 かねてより、旅行目的というより純粋に「ヒロシマ」へ行きたいと思っていた。その願いは大人になったいま比較的簡単に達成できた。しかもタイミングよく米大統領の訪問と入れ違いに。色々なことを感じたのはおぼえているけれど、いかんせんショックが大きすぎて言葉にならない。今改めて撮り貯めた写真を見てもまだ打撃が先立ってしまって、伝えたいことがここに書けている自信がないし、思ったことを言葉にできる気もしない。しかたがないので見た事を書く。

 はじめに原爆ドーム。石碑には「この建物のほぼ直上で原爆が爆発した」旨が記されていた。ドームの周囲をひとまわりしたところ、あの丸屋根の鉄骨が少々傾斜していることがわかった。

f:id:LeChatduSamedi:20160714095803j:plain

   被爆前の「広島県物産陳列館」の写真に照らしたところ、どの方向から爆風が吹いたのか推測できた。

f:id:LeChatduSamedi:20160714095229j:plain

 屋根の変形しているほうの建物の半分以上がいわゆる「ピカ」にごっそり持っていかれたのだろう。さらにここから半径2kmが一瞬で焼け野原になったわけだ。

f:id:LeChatduSamedi:20160714100121j:plain

 一日目はこれでおしまい。

 「平和記念公園に一昨日オバマ大統領が足を運んだ」という事実を宿の朝刊が私に知らせる。主旨としては「原爆を投下された国が、原爆を投下した国の大統領を受容あるいは歓迎する風潮を批判」する内容が記されていたと思う。ある新聞では学者先生が「日本国民はもっと怒りを顕にするべき」という主旨の意見を述べていた。 

 f:id:LeChatduSamedi:20160714095037j:plain

 それにしても、午前8時15分である。爆心地から1640m地点でも「火傷」のため人が亡くなったそうだ。トタンはまるで紙くずのようにくしゃくしゃである。どこからか飛散した硝子の破片が鉄柱に突き刺さっている……物凄い圧力だ。

 爆風圧の被害に関しては、示されていたグラフに照らすと爆心地から3km離れてやっと建物が部分損壊にとどまる程度だ。爆風圧には正圧と負圧がある。爆風が外に広がれば広がるほど爆発点付近の圧力が相対的に下がる。すると逆側への風の吹き込みが起きてしまう。建物はおおむね横方向に二度にわたってダメージをくらう。高温の風と圧力、台風の比ではない。圧力鍋の中につっこまれたような感じか、それどころの騒ぎではないだろう。高温高圧で変形した瓦を見て私は地質学を思い出した。

 *

 私は戦争を知らない。『はだしのゲン』は読んだ。「ピカドン」「きのこ雲」の記憶は未だに強く残っている。一方で私は「核」について何か述べようとは思えない。原子は元々自然界に存在するものであり、その力を応用したのがいわゆる原爆だ。放射線は人間や生物に有害だが、地球含む宇宙にとっては当然存在するものなのである。宇宙にとって人間の存在は取るに足らないものだ。それに、我々の存在に特に意味はない(と私は考えている)。我々は、勝手に戦争をはじめて勝手に人口を減らしたり増やしたりしている。それらの事象に対して私は何のコメントもない。 

 私たちは怒るべきなのか?怒りを顕にして解決することは何だろうか。過ぎてしまったことはもう元には戻せない。曖昧な日本人には「持続的な怒り」は似合わないように、私には思えた。我々日本人は混沌を呑み込むのが得意な民族ではなかったか。

 怒りを向けるべきは現大統領なのだろうか。確かに大統領は国を背負っている。それでいてなお、一人の人間である。米国の「現」大統領がひとり責任を負って何か変わるのか。WWⅡないし原爆に対して、いまの日本の社会において「受容」「諦念」というムードが蔓延しているとしたら、我々がまるで集団的に「過去のことはあくまでも過去のもの」と捉えているようにも見える。

   実際に多くの死傷者を出した「戦争」が、かつてあったという事実は脳に刻みつけておくべきだと思う。だが、歴史の教科書を開いてみよう。戦争のない時代なんて、ほとんどないではないか。何だかんだ言って好き好んで戦っているのは誰だった?戦いというのは誰かにメリットがあるからやっているのではないか?

 私たちは今を生きており、人間として今をより良く生きるにはどうするかを考えたほうがまだ救いがあるだろう。

f:id:LeChatduSamedi:20160714100705j:plain

シュレディンガーの消毒薬

4月22日(金)の夜から23日(土)

腹部全体(腹筋含む)の腹痛、激しい頭痛と若干の吐き気。物を食べても消化不良のまま下してしまう為食事を経口補水液に切替え。自覚症状に気づかぬうち姪に会ってしまったのが気にかかる。

4月24日(日)

38℃程度の発熱あり(平熱はせいぜい36.5℃である)。扁桃炎による発熱は39℃以上になることも多く、そこまで辛くはない。とは言っても頭痛と関節痛を免れることはない。重ねて胃腸の調子もかなり悪く脱水になりそうだ。

熱があって意識はそこそこはっきりしているのは精神衛生上誠に宜しくない。はやく眠ってしまいたいのに、睡眠薬の効果がなかなか出ない。あらゆる音楽が、ゴルトベルグでさえ騒音にしか聞こえない。頭が割れそうだ。いけないとは思いつつ中途覚醒の度何度も睡眠薬を飲む。うとうとする。起きる。服薬。やっと寝る。起きる。また服薬。ふと考える。思い当たる節は。

1、卵。加熱が不十分だったか。サルモネラ?まさか。胃酸が強すぎて胃炎になるくらいだ。動物との接触もない。

2、ノロウイルス?魚介を食した覚えはない。飛沫感染か。だがノロウイルスに侵されてもバッハのカンタータを一曲弾いた実績があるから大丈夫*1

3、遅れてきたインフルエンザか。確かに電車に乗った。商業施設にも行った。1歳半の幼女に遊ばれた。特筆することもない普段の生活である。前例としてはセンター試験のときに実はインフルエンザで39℃の熱を出していたが生きて帰ったのでまあ大丈夫*2

 

4月25日(月)

頭痛と腹部全体の痛みは残るものの起き上がれるようになった。お粥を食べるがすぐに下してしまう。夜は無事眠れた。

 

4月26日(火)

今日は26日、風呂の日、火曜日。

冷凍室に突っ込んであった明治の個包装チョコレートを1枚食べた。いずれ下してしまうようにも思えるが「何か口に入れて噛んだ」ということが達成感につながる。金色の個包装紙で鶴を折る。斜めに折り三角をつくって余った端に爪で折癖をつけ、力が均等に入るようにパッと割く。さっきの三角の端と端をあわせてさらに小さな三角を…中略…指の丸みに沿って鶴の羽に緩やかなカーブをつけて出来上がり。

 

胃腸はやはりまだ回復していなかった。いざ、はばかりへ。迅速になけなしの云々ポールで消毒対応。ついでに溜めこんでいた衣類とタオルを洗濯する。ここで塩素系漂白剤を使うと白い布が大量生産されそうな気がして酸素系漂白剤で我慢。今ならそれもコムデギャルソン的オシャレに感じられるが…

いやでも自分の体液の付着する風呂場は避難区域である。あがったら早急に云々ハイター*3をこれでもか!!!と撒きちらし換気扇をつけ放置すること数十分。塩素のいわゆる「プールのような臭い」に頭痛と吐気が誘発される。風呂トイレに窓がないのはやはり心許ない。

思考実験(混ぜるな危険) 

トイレと風呂の換気扇がつながっているとする。ユニットバスでも構わない。

トイレに酸性洗剤、風呂に塩素系洗剤*4を撒き、換気扇をつける。 

ここで仮にトイレ洗剤を大雑把に塩酸(≒「塩化水素の水溶液」)と呼ぶことにする。

ちなみに塩酸は以下のように得たと仮定

水素と塩素の反応で塩化水素を得る

 


m H_2 + Cl_2 longrightarrow 2HCl

塩化水素は常温では気体。水に溶かすと塩酸という液体でいてくれる

塩化水素(HCl)+水(H2O)→塩酸(水溶液のなかでは電離している状態)

 
m HCl + H_2O longrightarrow  H_3O^+ + Cl^- 

その塩酸を便器にぶっかける

便器中のアンモニアと反応した塩化水素が塩化アンモニウムとなる




m NH_3 + HCl longrightarrow NH_4Cl

 

なお、塩化アンモニウムリコリスで味付けされた菓子は、日本ではタイヤ味として評判である*5

サルミアッキグミ(HARIBO社製) 蔑称:タイヤ

f:id:LeChatduSamedi:20160426202303j:plain

▼原産国でもやはりタイヤと認識されているようである

f:id:LeChatduSamedi:20160426202734j:plain

▼スーパーサルミアッキシュレディンガーが猫を殺すために用いた菓子である

f:id:LeChatduSamedi:20160426202716j:plain

さて、残った塩酸の一部は揮発したり便器中の水に溶けたりするだろう。*6トイレに充満した塩素ガスは換気扇の力によって風呂に届くかも知れない。一方、風呂では次亜塩素酸ナトリウムが崩壊しながら活躍しているところである。

f:id:LeChatduSamedi:20160426213642j:plain

次亜塩素酸は不安定なので何かとくっつきたがるようだ。

猫は未だ密室で腹を下して寝ている。

家主がドアを開けるまで、猫が生きているのか死んでいるのかは…

 

うっ

 

厠ぁぁ…!!!

 

 

出典:

塩化水素 - Wikipedia

リコリス菓子 - Wikipedia

「混ぜるな危険」を混ぜてみよう

 

*1:自分の番以外は控え室で寝るかトイレに引き蘢るの二択だったが

*2:なぜか国語の点数が驚くほど下がったこと、周囲と職員室に迷惑をかけたのを除く

*3:塩基性洗剤;次亜塩素酸塩Na配合率約5〜6%

*4:だがアルカリ性

*5:検索して「ハリボー タイヤ」とサジェストされたらおそらくそれ

*6:仮に家主が劇物として濃度25%以上の塩酸を保持していた場合、煙が出る。この煙を密室で吸い続ければ猫は死ぬ