猫日記

だから猫に文章を描かせるとこうなるんだ

阿呆科

読書感想文が書けないという苦悩

特に小説はいけませんね。つぎつぎ文章の織りなす情景に呑まれてしまって、読み終わった後しばらく何もできないままぼんやりするのですから。ぼうっとして、帰ってきた浦島太郎のようにうっかり玉手箱を開けてしまって、 タチマチ シラガノ オバアサン にな…