読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫日記

だから猫に文章を描かせるとこうなるんだ

『瓶詰地獄』 読書メモ

夢野久作超短編小説『瓶詰地獄』を読みました。

「書簡体形式」という、登場人物が手紙を書いたていで話が進んでいく作品です。あらすじはシンプルです。

 

海難事故で無人島に漂着した幼い兄妹(市川太郎、イチカワアヤコ)が海に流したとみられる、3通の瓶詰手紙が、ある島の海洋研究所に届けられます。

手紙によると、その島は、運良く温暖で潤沢な食べ物と自然に満ち猛獣もおらず身の危険の心配のない平和なところ。漂着したときに持っていた新約聖書から言葉を学びつつ、助けを待つふたり。当時兄11歳、妹7歳。

やがて月日は過ぎ、心身の成長とともに、兄妹は互いを異性として意識するようになります。こうした感情は生物の生存本能として当然のものですが、新訳聖書で倫理観を育てた彼らには大きな苦しみとなりました。

ついに禁忌を犯してしまったふたりは、救助船を目の前にして心中を図ります。

…という顛末が、三通の手紙を通して時間を遡りながら語られます。 

手紙の開封順は以下。

第一の瓶…心中直前に書かれた遺書。
第二の瓶…禁断の感情と罪の意識の板挟みとなった兄の苦悩の吐露。
最後の瓶…漂着直後両親宛に書かれた、救助を求める手紙(電報のように簡潔)。

 

初めて読んだ時、こんな一節を思い出しました。「『たまった洗濯物やほこりでは人間は死にません。が、こんなにためちゃって自分ってなんてダメなんだろう、という考えは簡単に人を殺します 』by 精神科医

たとえば、他の誰かに出会えていたら。あるいは、違う本も持っていたら。こんなに純粋すぎなかったら。罪悪感さえなければ、ふたりは助かったのに。 

いや、安直すぎるか。。

 

では、旧約聖書の「失楽園」を彷彿とさせる描写、という点を掘り下げてみましょう。

それにそって解釈すれば兄妹は心中したのではなく、聖書の定義するところの人間をやめただけかもしれません。「ふたりは、禁忌を犯したことで社会的人間としては死んだ(遺書をしたためた)が、その後子孫とともに生物的人間として生きた」と解釈してみることにします。

この海洋研究所のある島には、潮流研究用の瓶が何本も流れ着いているようです。また、役場があることから、一定数の人間が常住しているようにも考えられます。

もし、3通の瓶詰手紙がこの島から流され、潮の流れで戻ってきたと仮定すると、「この瓶を拾った島民が、ふたりの子孫である可能性はゼロじゃない」という無茶な読みかたをすることも可能かもしれません。