読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫日記

ほら、だから猫に文章を描かせるとこうなるんだ

時間について(1)時計と覗き

理学>物理学 文科>西洋哲学

昨日はハロウィンというイベント日和でしたね。渋谷は言わずもがな、昨今の銀座も『おばけがぞろぞろ』でございます。ハロウィンの恩恵を受けてか、色とりどりのランボルギーニ4台くらい(しかもドア開いたし)と、フェラーリ2台くらいの高級改造車たち(イソギンチャクみたいに光るやつとか)を見ることができました。

f:id:LeChatduSamedi:20151101012122j:plain

助手席からセクシーな豹のコスプレをしたナイスバディなお姉さまも出てきたりしてちょっとドキドキしました。

 

 

前置きが長くなりました。

本題は、物理やら生物やら…をちょっとずつかじっていくうちに「時計」というものが気になっ(て、よりによって物騒な日に銀座に出)た女の妄想録です。

 

<妄想>

時計の発明には、コペルニクスさんからのガリレオさん※(望遠鏡を用いた覗きで著名な方)やらフックさん(顕微鏡を用いた覗きで著名な方)、ホイヘンスさん(木星土星の覗き、光の波動説で著名な方)などが関わっているようです。

※ちなみに、ガリレオさんには「等時性原理」を発見したという罪もあります。

 

「観測」という名の「“覗き”の追求」のために発明されたもののひとつが「時計」なのではないでしょうか。 

 

※そういえば、学生時代に受講した「精神医学」のレジュメは、覗きーーいわゆる「窃視症」からはじまっていました。カバー範囲広すぎだろ

人間にとって、“覗き=ロマン”なのかもしれません。

ただし、覗きも度を過ぎると体に障ったり職を失ったりしますので、ご注意ください。

 

実用時計といえば、「メイドインスイスorジャパンなのかなぁ」とぼんやり思いつつ、宇宙やオリンピックでよく稼働してるオメガ(地球〜宇宙用)や、誰かが欲しがってたカルティエ(女性用)などを見てみました。

時計についてはのちほど。

 

ではまたお会いしましょう