猫日記

だから猫に文章を描かせるとこうなるんだ

初めての直腸指診

 2度連続で下血し、3度目の正直を期待したがやはり下血したため、万が一の可能性を鑑みて総合病院の胃腸外科を受診した。

 確認した限り鮮血だったので一応想定してはいたものの、男性医師の口から改めて「直腸指診」が必要と告げられると、若干へこむ。なお、直腸指診とは簡単に言えばベッドに横たわり、医師が肛門から指を差し入れて異常の有無を確かめる検査のことである。
 
 肛門から直腸を診察するということは、とりもなおさず下半身が丸見えになるということであり、なかなかに原始的な修行だったのでここに記録しておきたい。
 
式次第
  1. 看護師より「靴を脱いで、壁のほうを向いてベッドに横たわってください」と告げられ、そのままカーテンを閉められる。
  2. 医師より「ズボンと下着を足首まで下げて、足を前に抱えて」と指示される。(すなわち、横たわった状態で深く体育座りをし、医師に向けて尻を突き出す格好をとれ、ということである。幼稚園生の頃、体育座りするタイミングで友達に「カンチョー!」された光景が脳裏をかすめた。)
  3. カーテンがシャッと開く。露出度最強である。
  4. 私はそこでおそらく、生まれてはじめて肛門に指を差し込まれた。むかし座薬を処方されたことならあった。しかし、診察室で、看護師の立ちあいのもと、異性の医師の指を肛門に差し込まれるのは、人生初である。
  5. 肛門に差し込まれたのは指だけではなかった。肛門は、次に何か冷たいものを呑み込んだ。それが何だったのかは想像するしかないが、いわゆる肛門鏡であったと思われる。
医師「家に…ウォシュレットか何かついてる…?」
私 「はい、ついてます」
 
 薬漬けになった私の頭に、ぼんやり記憶が蘇ってきた。ある晩、何となく腹部の不快感を感じて目が覚め、トイレに入った。
 そのときだったのだ、知らぬ間に自宅のウォシュレットの強さがMAXになっていたのは。
 
 私は覚悟のないまま、肛門に最強のダメージをくらった。…だが、曖昧な記憶でもある。妄想かもしれない。自宅でないどこかでダメージを食らっていた可能性も、ゼロとはいえない。
 私は服薬の都合上、どうしても意識のとぎれている時間帯がある。意識のないままの…あるいは別の私(とでもいうしかない)が、なぜかウォシュレットを最強にした可能性がある。というか、そうとしか言えないのである。
    製品としては後づけタイプのものなので、壁にもたれかかってうっかりボタンを押していた、とかいう可能性もゼロではない。少なくとも「自分が次に何をするか予測がつかない」ということは、火を見るより明らかになった。
 
 ウォシュレットダメージからの直腸指診。これは新手の自傷行為なのだろうか。
 今も女は1日2回、軟膏のノズルを肛門に突っ込んでいる。そして段々とその行為に慣れていくのであった……
 
 浣