猫日記

だから猫に文章を描かせるとこうなるんだ

The Matrix

 いわずもがな、1999年アカデミー賞で視覚効果賞・編集賞・音響賞・音響編集賞を受賞した作品です。

   この期におよんでTSUTAYAに足を運んだのは、自己紹介で「学生のころは哲学をかじっていて認識論について考えていて…」というと、毎回「それはマトリックスみたいな話?」と尋ねられるようになったためです。いまやマトリックスは古典的なのでしょうね。

    確かに「認識論」は、現代でいうところの脳科学、心理学、認知科学人工知能に関連する研究とほぼ対象を同じくする領域でかつ自然科学に食われ気味といえます。そしてそれらから多かれ少なかれ影響を受けており(影響を与えているかどうかは「意識のハードプロブレム」以外は不明)、そろそろ他の学問に吸収されてなくなってしまうかも知れません。

   しかしまさか「マトリックスから話をひろげられるようにしなければ…」という不純な動機でこの作品を観るとは、想定しておりませんでした。参りましたね。劇場で観たほうが音響をはじめ色々な効果を体感できたことを思うと、リアルタイムで観ればよかった。

 

 大筋は「人工知能が世界を支配している」すなわち人間の生活している場を「仮想現実」として描く伝統的古典的SF・アクション映画です。

    ポストモダンを代表する思想家ボードリヤールの著作から着想を得たものでもあるそうですが、小難しい話ではなくとてもキャッチーです。それに、カンフーや戦闘などのアクションシーンが断続的に挟まれていて小気味良いテンポで物語が進むように工夫が凝らされており、間延びせず楽しく最後まで観られました。

    キーパーソンは以下の3名です。

  • アンダーソン(ハンドルネーム:ネオ)/男性 イエスの使徒のひとりアンデレからか。復活の意?トリニティのキスで救世主として覚醒。
  • モーフィアス/男性 夢の神モルペウスのことか。ネオが救世主であると信じている。
  • トリニティ/女性 三位一体からか。ネオを愛している。

 個人的には、予言者オラクル(女性)をはじめ要所要所に女性が配置されているのが非常に興味深かったです。女性性に関しては追々考えていくことにするのでここでは触れませんが。

 攻殻機動隊卒業論文をしたためた先輩が存在したことを鑑みれば、マトリックスから私の研究していた認識論のさわりを紹介することはもちろん可能でしょう。

「いま体験しているこの世界が仮想空間でない証明ができるか?」「現実とは何か?」「目の前のコップは本当にあるのか?」などとSFちっくな導入をすれば、響きだけで哲学を敬遠する人たちの心を、少しは引き留められるかも知れません。

 ひとつ気がかりなこと。マトリックスで扱われている「真実」は「人間が機械に支配されて単なる動力源に成り下がっている」という夢のある(?)ものです。それは能動的ニヒリズムを肯定する私の態度とはだいぶ様相が異なっているということです。私の態度は今後も色々と誤解を生む気がしています。