読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の現象学

ほら、だから猫に文章を描かせるとこうなるんだ

ノーモアヒロシマ

旅行

 ほんらい修学旅行で行くべきヒロシマの惨憺たる世界遺産に、5月末初めて足を運んだ。それから間があいてしまったが、簡単なレポートをしようと思う。

 私は旅行目的というより純粋に「ヒロシマ」に行きたいとかねてより思っていた。その願いは大人になった今、比較的簡単に達成できた。しかもタイミングよく米大統領の訪問と入れ違いに。

 色々なことを感じたのはおぼえているけれど、如何せんショックが大きすぎて言葉にならない。今改めて撮り貯めた写真を見てもまだ打撃が先立ってしまって、伝えたいことがここに書けている自信がないし思ったことを言葉にできる気もしない。致し方ないので見た事を書くことにする。

 

 

 はじめに原爆ドーム。石碑には「この建物のほぼ直上で原爆が爆発した」旨記されていた。ドームの周囲をひとまわりしたところ、あの丸屋根の鉄骨が少々傾斜していることがわかった。

f:id:LeChatduSamedi:20160714095803j:plain

   被爆前の「広島県物産陳列館」の写真に照らしたところ、どの方向から爆風が吹いたのか推測できた。

f:id:LeChatduSamedi:20160714095229j:plain

 屋根の変形しているほうの建物の半分以上がいわゆる「ピカ」にごっそり持っていかれたのだろう。さらにここから半径2kmが一瞬で焼け野原になったわけだ。

f:id:LeChatduSamedi:20160714100121j:plain

 一日目はこれでおしまい。

 

 

 「平和記念公園に一昨日オバマ大統領が足を運んだ」という事実を宿の朝刊が私に知らせる。主旨としては「原爆を投下された国が、原爆を投下した国の大統領を受容あるいは歓迎する風潮を批判」する内容が記されていたと思う。ある新聞では学者センセーが「日本国民はもっと怒りを顕にするべき」という主旨の意見を述べていた。

 

 f:id:LeChatduSamedi:20160714095037j:plain

 それにしても、午前8時15分である。爆心地から1640m地点でも「火傷」のため人が亡くなったそうだ。トタンはまるで紙くずのようにくしゃくしゃである。どこからか飛散した硝子の破片が鉄柱に突き刺さっている……物凄い圧力だ。

 爆風圧の被害に関して示されていたグラフに照らすと、爆心地から3km離れてやっと建物が部分損壊にとどまる程度だ。爆風圧には正圧と負圧がある。爆風が外に広がれば広がるほど爆発点付近の圧力が相対的に下がる。すると逆側への風の吹き込みが起きてしまう。

 建物はおおむね横方向に二度にわたってダメージをくらう。高温の風と圧力、台風の比ではない。圧力鍋の中につっこまれたような感じか、それどころの騒ぎではないだろう。高温高圧で変形した瓦を見て私は地質学を思い出した。

 

 *

 

 私は戦争を知らない。『はだしのゲン』は読んだ。「ピカドン」「きのこ雲」の記憶は未だに強く残っている。一方で私は「核」について何か述べようとは思えない。原子は元々自然界に存在するものであり、その力を応用したのがいわゆる原爆だ。放射線は人間や生物に有害だが、地球含む宇宙にとっては当然存在するものなのである。

 宇宙にとって人間の存在は取るに足らないものだ。それに、我々の存在に特に意味はない(と私は考えている)。我々は、勝手に戦争をはじめて勝手に人口を減らしたり増やしたりしている。それらの事象に対して私は何のコメントもない。

 

 私たちは怒るべきなのか?


 怒りを顕にして解決することは何だろうか。過ぎてしまったことはもう元には戻せない。曖昧な日本人には「持続的な怒り」は似合わないように、私には思えた。我々日本人は混沌を呑み込むのが得意な民族ではなかったか。

 それから、怒りを向けるべきは現大統領なのだろうか。確かに大統領は国を背負っている。それでいてなお、一人の人間である。米国の「現」大統領がひとり責任を負って何か変わるのか。

 WWⅡないし原爆に対して、いまの日本の社会において「受容」「諦念」というムードが蔓延しているとしたら、我々がまるで集団的に「過去のことはあくまでも過去のもの」と捉えているようにも見える。

   実際に多くの死傷者を出した「戦争」が、かつてあったという事実は脳に刻みつけておくべきだと思う。

 だが、歴史の教科書を開いてみよう。戦争のない時代なんて、ほとんどないではないか。何だかんだ言って、好き好んで戦っているのは誰だった?戦いというのは、誰かにメリットがあるからやっているのではないか?

 

* 

 

 私たちは今を生きており、人間として今をより良く生きるにはどうするかを考えたほうがまだ救いがあるだろう。

f:id:LeChatduSamedi:20160714100705j:plain